out
  • 2020年 10月
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    今日
  • 2020年 11月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30

手延べうどん産地めぐり

日本は広く うどんの文化も幅広い

歴史あるうどんの有名産地の味をぜひご家庭でご賞味ください。

 

秋田名産 稲庭饂飩
今や400年になろうとする稲庭うどんは、山あいの湧水と良質な小麦粉を用いた昔ながらの製法を守り、4日間で大切に造られた製品です。
特有のなめらかさと上品な味わいをご賞味ください。
麺の中に気泡が含まれているので、茹で上がりの早さが特徴です。茹で時間は3分前後。
出来上がりまでに4日かけています。熟成に時間をかけることで、麺の中に気泡が生じます。
そして、しっかりと練ることによって、小麦の中のグルテンが気泡の周囲を取り囲み気泡が壊れるのを防いでくれます。
この気泡は茹でた後も長時間にわたって形が保たれ、細麺ながらも他の麺に比べてとりわけ強いコシを生むのです。
麺にしっかりとした角が立っているので独特に舌触りの良さがあります。
小麦の豊かな風味・ツルツルした繊細な味わい・コシの強さとツヤツヤの透明感は他の麺に類をみない味わいです。

【商品情報】
品名:秋田名産 稲庭饂飩 3束セット
内容量:200g×3束
麺の太さ:細麺
茹で時間:3分前後
価格:2,160円

越中氷見名物 氷見糸うどん(太めん)
本品の氷見うどんは、元祖高岡屋創業265年加賀藩御用達うどん「糸饂飩」「氷見糸うどん」の伝統技を基に生まれた手延べうどんです。
澱粉の持つ旨味を活かし一本一本丹精込め「太めん」に仕上げました手延 氷見うどんです。コシ、のどごし、口当たりの良い逸品です。
全国でも希少な麺文化の歴史を残し伝える当本舗家伝氷見名物「氷見糸うどん」は、江戸中期、宝暦元年(1751年)当家先祖創業の初代高岡屋弥三右衛門が、能登・門前・総持寺のうどん造りの風習、輪島のそうめん座の製法から技術などを採り入れ、氷見の地で製法を編み出したことが始まりと伝えられています。
以来、「糸うどん」は藩政時代に加賀藩、他諸藩の御用達うどんとして当本舗から献上されておりました。
この逸品は当時氷見町においても取り仕切られており、現在、当本舗で「一位と伝承」とする名物品として、唯一孤塁を★守し、当時からすべて人の手作りによる製法にて今日まで受け継いでおります。
手打ち手縒り手延べの独特の製法の糸が作られて行く様から「糸うどん」と云われ以後、一糸相伝、門外不出として270年に渡り終始一貫して、当時の製法を守り続けています。
一切機械を使用しない「昔時からの純粋な手延べうどん」としてマスコミ等に広く紹介され由緒ある氷見の名産品として唯一各方面の有志よりご称讃戴いております。

【商品情報】

品名:越中氷見名物 氷見糸うどん(太めん)3束セット
内容量:200g×3束
麺の太さ:太麺
茹で時間:約13分
価格:1,405円

長崎県名産 手延べ 五島うどん七椿
五島列島は、澄み切った青い海と、木々の緑に囲まれた美しい島です。
五島うどんの旨みは、「純粋無垢な素材の旨味」。美しい島の自然からの贈り物を食卓へお届けします。
五島手延べうどんは、今から300年前より造り始められたと言われております。
その生産量の少なさから「幻のうどん」とも言われ島の外では重宝されてきました。
五島うどんはコシが強く切れにくいのが特徴で、ぷるんとしたなめらかな食感と麺の持つ豊かな風味が調和した奥深い味わいです。
良質の小麦粉と島中豊富に自生する薮椿の実から取れる椿油を使用し、一本一本手造りの技術を生かし造り上げられています。

【商品情報】

品名:長崎名産 五島うどん七椿 6束セット
内容量:200g×6束
麺の太さ:細麺
茹で時間:7~10分

価格:3,350円

 

 

「MEN’S MARKET」は、
50年以上に渡って信州そばを作り続ける、
長野県の渡辺製麺が運営しています。

信州そばはもちろん、ラーメンやうどん等、
日本が誇る“麺”という食文化をより多くの方に広めていくために、
厳選したローカル麺をご紹介してまいります。

食卓を彩る魅力的な“麺々”で
皆さまに心温まる時間をお届けします。

※「一風堂」「因幡うどん」は、渡辺製麺のグループ会社が手掛けるブランドです。

brand

brand01

brand02

brand03